HOME > 看板の種類

東京都での看板の製作、デザイン、取付、メンテナンスは、杉工芸へ。東京をはじめ関東一円にお伺いします。

関東一円で看板製作 杉工芸

関東一円 看板

足立区練馬区荒川区中央区台東区板橋区豊島区、川口市、草加市、東京都、千葉、埼玉、神奈川、茨城、群馬、栃木

看板の杉工芸/東京都

電話:03-6677-5788

sugikougei@co.email.ne.jp

 

 

豊島区での看板製作はお任せください!

 

豊島区全域、ご連絡いただければ迅速に現場調査、見積いたします。

お問い合せ・見積は、こちらの送信フォームからか、あるいはお電話(03-6677-5788)を。

送信フォームでうまく送信出来ない時は、sugikougei@co.email.ne.jp 宛に通常のメールでお送り下さい。

 

豊島区の地図

LINK

豊島区役所
豊島区(Wikipedia)

 

本社:〒123-0853 東京都足立区本木1-26-3

 

 

壁面看板/ネオン看板/表札・プレート/パネル看板/LED看板/電飾看板/突出・袖看板/カッティングシート・インクジェット出力シート/スタンド看板/総合案内版/野立看板/仮設看板/テント工事/特殊加工/特殊文字/施工/掲示板・ポスターケース/その他

 

 

豊島区は、東京23区の西北部に位置する。池袋駅を中心とする副都心を擁し、高級住宅地の目白や、おばあちゃんの原宿として知られる巣鴨、立教大学、学習院大学、東京音楽大学、帝京平成大学、大正大学などがある。多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園や、慈眼寺、染井霊園などもある。なお豊島区に『豊島』と言う地名はなく、北区に『豊島』がある。『豊島園』も豊島区になく、練馬区にある。 1965年の国勢調査の結果、日本一の人口密度の自治体になった(前回調査までの1位は東京都台東区)[1]。2005年の国勢調査では、東京都中野区に次いで国内第二位となったが、2010年の調査で再び人口密度日本一に返り咲いた。

 

日本の国花であるサクラの代表品種、ソメイヨシノは、現在の豊島区駒込から巣鴨の旧染井村が発祥。染井の植木屋が江戸時代後期、交配して生み出した新種がソメイヨシノである。旧染井村では鉢植えをつくることが盛んで、ここでつくられた植木や盆栽は、花売りによって江戸中に運ばれていた。1860年(万延元年)に染井を訪れた英国人植物学者、ロバート・フォーチュンはその種類の多さに驚き、世界一とのお墨付きを与えている。また霧島ツツジも多くつくられ、JR駒込駅の土手が春になるとツツジでいっぱいになるのは、その名残である。

 

武蔵国豊島郡(現在の東京23区の北西部の広い地域の古い地名)。北豊島郡にあった4つの町が合併して東京市に編入されるときに、この名前が採用された。桓武平氏の豊島氏が起源である。なお、太田道潅が武蔵国の決戦「江古田原の戦い (1477年)」で打ち滅ぼした豊島氏の二つの城のひとつ「練馬城」跡が、今のとしまえんの敷地に当たる。この戦いで豊島泰経と豊島泰明の兄弟は共に討ち死に、石神井豊島氏は滅亡した。

 

ライン

看板写真看板写真