HOME > 看板の種類

東京都での看板の製作、デザイン、取付、メンテナンスは、杉工芸へ。東京をはじめ関東一円にお伺いします。

関東一円で看板製作 杉工芸

関東一円 看板

足立区練馬区荒川区中央区台東区板橋区豊島区、川口市、草加市、東京都、千葉、埼玉、神奈川、茨城、群馬、栃木

看板の杉工芸/東京都

電話:03-6677-5788

sugikougei@co.email.ne.jp

 

 

練馬区での看板製作はお任せください!

 

練馬区全域、ご連絡いただければ迅速に現場調査、見積いたします。
練馬区での看板製作、実績多数!

お問い合せ・見積は、こちらの送信フォームからか、あるいはお電話(03-6677-5788)を。

送信フォームでうまく送信出来ない時は、sugikougei@co.email.ne.jp 宛に通常のメールでお送り下さい。

 

練馬区の地図

LINK

練馬区役所
練馬区(Wikipedia)

 

本社:〒123-0853 東京都足立区本木1-26-3

 

 

壁面看板/ネオン看板/表札・プレート/パネル看板/LED看板/電飾看板/突出・袖看板/カッティングシート・インクジェット出力シート/スタンド看板/総合案内版/野立看板/仮設看板/テント工事/特殊加工/特殊文字/施工/掲示板・ポスターケース/その他

 

 

「練馬」の由来
練馬区のウェブサイトには以下の説が掲載されている。
関東ローム層の赤土をねったところを「ねり場」といった。
石神井川流域の低地の奥まったところに「沼」=「根沼」が多かった。
奈良時代、武蔵国にあった「のりぬま(乗潴)」という宿駅が「ねりま」に転訛した(乗潴は、白山神社付近であったとされる。ただし、乗潴をあまぬまと読み、現在の杉並区天沼に比定する説もある)。
中世、豊島氏の家臣に馬術の名人がいた(馬を馴らすことを「ねる」と言った。すなわち「練り馬」)。
他にも諸説存在する。

 

練馬区は、東映アニメーション(旧 東映動画)や、手塚治虫の虫プロダクション(手塚プロダクションとは現在は無関係)など、アニメ関連企業数が94社(2007年現在)を数え、日本一のアニメ関連企業の集積地でもあり、これまでに数多くの作品が制作され、またその舞台となった(後述)。 アニメのみならず30年続くスーパー戦隊シリーズを初め、東映の得意とする特撮もこの地でのロケが多い。 2002年からは、年一回のペースで『練馬アニメフェスティバル』が大泉で開催され、商店街やNPOなどと連携し、アニメ振興を図っている。 2004年には、練馬アニメーション協議会が、虫プロや東映アニメーションなど、約50の事業所で設立され、練馬区のアニメ振興を計っている。同協議会は、前身のNPO法人「アニメミュージアムの会」(1994年設立)の時代から区内へのアニメミュージアムの建設を目指している。だが、東映アニメーションが2003年、独自に東映アニメーションギャラリーを作った為、重複論が浮上し、足踏み状態が続いている。 2006年、練馬アニメ協議会がフランスのアニメ企業との交流事業で渡仏し、フランスからも2007年3月アニメ関係者が練馬区を訪問するなどの交流事業がきっかけとなり、2007年6月11日からフランスのアヌシーで毎年開催されているアヌシー国際アニメ見本市に、練馬区のアニメ企業10社が出展する運びとなった。アニメの販売や共同制作など具体的な事業交流を進める考えだ。 2007年11月より、練馬区独立60周年記念の一環として、練馬区誕生アニメ紹介番組、ねりたんアニメワークスがJ:COM(ジェイコム)東京で放送を開始した。1回15分の全12話。

 

ライン

看板写真看板写真